高石神社の石蛙@百合ヶ丘

 2009年6月下旬に高石神社にある3匹の蛙を見るため、小田急線で川崎市麻生区を訪れました。百合ヶ丘駅で下車し、北方向に歩を進め津久井道を渡ります。


3匹の石蛙@高石神社
Fig. 1 3匹の石蛙@高石神社
▼ ニュータウンの坂を登る

 1960年に完成した百合丘団地の住民のために開業した駅で、いわゆるニュータウンのはしりです。麻生区の行政、商業機能の多くは隣りの新百合ヶ丘駅に移ってしまい、現在は閑静な住宅街になっています。

 10分程急な坂を登り、細い路地を左に折れると高石神社の案内が見えます。さらに80段程続く石段を登ると正面に本殿が見えます。

 3匹の蛙(Fig .1)は本殿の手前左側に座っていました。小さな池に映りこむように高さ1 m程の大きな石が置かれ、中央に蛙が彫られています。

蛙の絵馬@高石神社
Fig. 2 蛙の絵馬@高石神社
▼ ご利益のある3匹の蛙

 3匹の動物というと日光東照宮の三猿が有名ですが、高石神社の三蛙は人生訓ではなく、ご利益を説いています。蛙のお腹にはそれぞれ福、銭、若の漢字が1文字ずつ赤い字で書かれています。

 蛙達を拝めば、幸せ、財産、若さが返ってくるという意味なのでしょうか。私も手をあわせ神社をあとにしました。

 社務所は残念ながら閉まっていましたが、蛙の絵馬(Fig .2)を購入できるようです。新宿から鉄道で30分足らずの百合ヶ丘を訪れた際は、ぜひ足を伸ばしてみてください。

高石神社 川崎市麻生区高石1-31-1


inserted by FC2 system