天王寺周辺のかえる石

 2006年7月中旬に大阪を訪れた際、天王寺周辺で見つけた2つの蛙石を紹介します。

蛙石@四天王寺
Fig. 1 蛙石@四天王寺
▼ 四天王寺の蛙石

 聖徳太子が建立した四天王寺を訪ねました。参道には朝から骨董や衣服をあつかう露店が立ち並び、年配の方を中心に沢山の人で賑わっていました。

 境内にある宝物館の入口に蛙石がありました(Fig .1)。見たところとても蛙の形には見えませんが、元は古墳に納められた石棺の蓋だったとのこと。

 江戸時代にはこの石の上を渡ると安産になると信じられていたそう。四天王寺の七不思議の1つといわれているいますが、私にはなぜ蛙石といわれるようになったのか?それが一番の不思議だったりします。

かえる石@堀越神社
Fig. 2 かえる石@堀越神社
▼ 堀越神社の蛙石

 四天王寺の西門を出て谷町筋(大阪府道30号線)を約100 m下ったところにある、堀越神社の境内にもかえる石(Fig. 2)がありました。大きさは、幅約40 cm☓高さ約50 cm☓奥行き約40 cm。

 三角錐の形をしていて、静岡県三島市の楊原神社にある 蛙石に似ています。本殿で売られていたかえるの根付け(500円)を購入しました。天王寺公園の東側にあり木々が生い茂る緑豊かな環境にあります。

 四天王寺ではにぎやかな大阪の活気にふれ、堀越神社では都会の喧騒を離れた静かな空間に癒されました。ともに聖徳太子が建立したと伝えられる2つの史跡で貴重な思い出ができました。

四天王寺 大阪市天王寺区四天王寺1-11-18 06-6771-0066
堀越神社 大阪市天王寺区茶臼山町1-8


inserted by FC2 system