石蛙@神明神社

 2015年8月上旬に、埼玉県さいたま市を訪れました。神社の境内で見つけた石蛙を紹介します。

石蛙@神明神社
Fig. 1 石蛙@神明神社
▼ 鉄道のまちを北東に歩く

 JR湘南新宿ラインに乗り、都心から約50分で大宮駅に到着します。高崎線と宇都宮線が分岐しJR線だけで22番線までホームがあり、加えて東武鉄道野田線、埼玉新都市交通も発着するターミナル駅。駅ナカや駅ビルには数多くの店舗が並び、週末は家族連れを中心に多くの人で賑わいます。

 西口を出て線路沿いを北東方向に歩きます。右側にかつての国鉄大宮工場跡地を有効活用した、スポーツジムや静態保存された機関車が見えてきます。

 スポーツジムの片隅には、歴史を感じさせるレンガ造りの建物が残されていました。蒸気機関車D51 187号機(Fig. 3)は、1938年に大宮工場で製造され、1971年に再び生まれ故郷に戻ってきました。

神明神社
Fig. 2 神明神社
▼ 角ばった形状の石蛙

 青大将と呼ばれ、特急つばめのヘッドマークを付けた緑色のEF58と茶色のEF15の前頭部(Fig. 4)が、屋外に展示されていました。現在も大宮総合車両センターとして現行車両の保守をおこなっていますが、鉄道のまちとして栄え数千人が働いていた大工場の面影はありません。

 駐車場や戸建てが続く街並みを眺めながら約10分歩き、緑地帯を左に曲がったところにある神社に立ち寄りました。かつて国鉄の職員宿舎があった場所に造られた神明神社は、現在神明神社保存委員会が管理しています。

 境内(Fig. 2)の右側に置かれた石蛙(Fig. 1)は、大きさ。角ばった形状をしており、JR横須賀線久里浜駅に置かれているものとよく似ています。

 なぜかホースが巻かれ、手ぬぐいをかけられた状態で置かれていました。背中には子蛙が2匹いますが、劣化しており顔が判別できない程です。

蒸気機関車D51 187号機
EF58とEF15の前頭部
Fig. 3 蒸気機関車D51 187号機
Fig. 4 EF58とEF15の前頭部

神明神社 さいたま市大宮区桜木町三丁目


inserted by FC2 system