石蛙@JR久里浜

 2014年4月中旬にJR横須賀線に乗り、終点の久里浜駅を訪れました。改札前のスペースに置かれた石の蛙を紹介します。

石蛙@JR久里浜駅
Fig. 1 石蛙@JR久里浜駅

▼ 神奈川の観光地を結ぶ

 JR横須賀線は、東京と鎌倉、逗子、横須賀などの神奈川県の観光地を結ぶ関東近郊の路線です。最近は、湘南新宿ラインの直通運転や武蔵小杉駅の開業により、利便性が増しました。

 逗子駅から先は京浜急行本線と並走し、料金、所要時間ともに後者が勝るため、運転本数が減ります。さらに横須賀駅よりも先は単線になり、列車同士が交換するため徐行運転をする事があります。

 途中、前後をトンネルに挟まれて一部のドアが開かない田浦駅や軍艦が停泊する様子を間近に見られる横須賀駅を過ぎ、東京駅から約90分で久里浜駅(Fig. 2)に到着します。10本以上ある留置線の片隅に島式のホームが1本ポツンとあり、終着駅らしい寂しさを醸し出しています。

JR久里浜駅ホーム
Fig. 2 JR久里浜駅ホーム
▼ 角ばったデザインが特徴

 高架の歩道橋を渡り、改札に向かう途中の左側に石の蛙(Fig. 1)を見つけました。白っぽい大谷石で作られ、大きさは、横幅50 cm×奥行50 cm×高さ70 cm。角ばったデザインが特徴的です。

 背中には同じく角ばった2匹の子蛙が乗っており、台座には金属製のJRのロゴが埋め込まれています。独特のデザインから察するに、特注で作っているのでしょうか。

 東京から至近にも関わらず、沿線自然や歴史を堪能できるJR横須賀線を利用した時は、ぜひ久里浜駅まで足を伸ばして石蛙に会いに行ってみてください。

JR久里浜駅 横須賀市久里浜1-3-7


inserted by FC2 system