石蛙@川崎久地

 2012年11月下旬に川崎市多摩区を訪れました。企業の玄関先で出会った石製の蛙を紹介します。


石蛙@田中工業所
Fig. 1 石蛙@田中工業所

▼ 南武線を川崎から北上

 川崎駅からJR南武線に乗り、約30分で久地駅に到着します。久地梅園停車場として開業しますが、1944(昭和19)年の国営化とともに現在の駅名に変更されました。

 多摩川の砂利を港に運ぶ目的で開通したJR南武線は、戦後の複線化を経て川崎市を南北に貫く唯一の路線として通勤、通学に利用されています。以前は山手線や中央線を走ったお古の車両ばかりでしたが、2014年にE233系が新車で投入されました。

 久地駅を降りると駅舎の上部には梅の花とウグイスが画かれていました。近くに川崎市の区境があり、駅は高津区ですが、二ヶ領用水を渡るとすぐに多摩区になります。

田中工業所
Fig. 2 田中工業所

▼ びっくりしたような表情

 府中街道沿いにスーパーマーケット、ベンガベンガがありその向かいに水道関連の工事を行う企業、田中工業所(Fig. 2)がありました。石蛙(Fig. 1)は、玄関の右側に置かれた植え込みの中にいました。

 大きな真ん丸の目が特徴的で、びっくりしたような表情をしています。大きさは幅約20 cm×高さ約20 cm×奥行き約20 cm。社員の方に伺ったところ、約10年前に東京都世田谷区等々力にある石屋さんが持ってきたという事でした。

 仕事柄、水と関係が深い蛙を置いているのかななどと想像をめぐらしながら現場を後にしました。近くに立ち寄った際は、どこかユーモラスな顔をした石蛙を見に足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

田中工業所 川崎市多摩区堰3-5-6


inserted by FC2 system