蛙の広告@京急電車

 2016年11月下旬に乗車した京浜急行電鉄(以下、京急)の車両で見つけた蛙の広告を紹介します。

蛙の広告@京急電車
Fig. 1 蛙の広告@京急電車

▼ 赤地に白帯の車体が目印

 京急は、東京都品川区の泉岳寺駅と神奈川県横須賀市の浦賀駅を結ぶ本線を始め、海水浴や行楽で賑わう久里浜線、他社から多くの直通列車が乗り入れる空港線など、5路線を有する大手私鉄。赤地に白帯の車体が目印です。

 早くからJR横須賀線や自動車専用道路とのスピード競争にさらされたため、他の私鉄よりも高速化に熱心に取り組んできました。正面2枚窓の湘南スタイルが印象的な二代目600形、くの字形の前頭部に強さとスピード感を感じる2000形(Fig. 2)、追加料金不要ながら転換クロスシートを備える2100形が、優等列車用の車両として運行してきました。

 新たな専用車両が登場すると以前の車両は改造を施され、通常列車として運行に就きます。今回乗車した2000形もその1つ。

京急2000形
Fig. 2 京急2000形
▼ 上目遣いの表情が特徴

 1998年以降クロスシートからロングシートに改造され、現在はおもに新逗子駅と羽田空港国内線ターミナル駅を結ぶエアポート急行として活躍しています。車両基地がある神奈川新町駅から2000形8両編成のエアポート急行に乗車しました。

 ロングシート化の際、2ヶ所から3ヶ所に増設された扉のガラス部に蛙が画かれた広告(Fig. 1)を見つけました。広告主は、横浜デザイン学院。

 上目遣いの表情が特徴的で、鼻が三角、口が四角、顔全体と目が丸と基本的な図形が使われています。ドアーに手を引き込まれないよう注意しつつ、赤い電車に住む緑の蛙を探してみてはいかがでしょうか。

神奈川新町駅 横浜市神奈川区亀住町

※ 写真(Fig. 2)は、柴口θ京浜快特(@2000akaidensya)さんからお借りしました。


inserted by FC2 system