とんかつ三田の信楽蛙川崎

 2014年3月上旬に川崎市幸区にあるとんかつ屋さんの店頭で、信楽焼の狸と蛙を見つけました。

信楽狸と蛙
Fig. 1 信楽狸と蛙
▼ 新川崎駅を降り住宅地を歩く

 JR横須賀線、湘南新宿ラインが停車する新川崎駅を降り、西方向に歩きます。多くの機関車と貨車がひしめく新鶴見機関区の上を横切る高架橋を越えると日吉地区に入り、さらに南西方面に進みます。

 地区の名前は、川崎市と合併する前に存在した日吉村に由来しています。合併の時に横浜市と分かれたため、横浜と川崎両方に同じ地名があります。

 駅から25分程住宅街を歩き、尻手黒川道路との交差点から約300 m手前の左側に目的の店がありました。とんかつ三田といい、東急東横線日吉駅にも支店があります。

メンチカツとアジフライの定食
Fig. 2 メンチカツとアジフライの定食
▼ 信楽蛙と美味しい揚げ物

 訪問したのは平日の12時を少し回った頃、店内は8割方の席が埋まっていました。そのほとんどが作業着を着た男性ばかりでその雰囲気に圧倒されました。

 ランチでは、揚げ物の定食を735円から食べられます。私はメンチカツとアジフライの定食を注文しました。

 よく揚がったアジフライは、サクサク感がたまりません。ご飯がお代わり自由(味噌汁は50円)なので、揚げ物好きで大食漢の人にはもってこいのお店です。

 お店を出ると、入口に信楽焼の狸が2匹置かれているのを見つけました。うち1匹は右手に蛙をかかえており、蛙は招き猫のようなポーズを取っています。可愛らしい蛙と美味しい揚げ物が待つ、とんかつ三田本店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

とんかつ三田本店 川崎市幸区南加瀬3-7-1、044-588-0668


inserted by FC2 system