ぶじかえる東光院

 2013年5月下旬に千葉市緑区を訪れました。JR外房線・鎌取駅近くの寺院・東光院に石の蛙が置かれていると聞き、下車しました。

ぶじかえる@東光院
Fig. 1 ぶじかえる@東光院
▼ 鎌取駅から県道を北へ

 鎌取駅は、おゆみ野と呼ばれるニュータウンの北端に位置し、駅の南側はショッピングセンターやマンションが立ち並んでいますが、北側は戸建てが多く、ところどころに田畑や草原が見られます。

 県道66号線を北上し、千葉外房有料道路の交差点を直進しさらに登り坂を進みます。有料道路と一般道路の平面交差は珍しいと思われます。徒歩30分ほどでお寺の案内が書かれた看板が見えます。その案内に従い、左折し小径を10分ほど進むと赤く塗られた山門が現れます。

 参道は30段程の階段になっており、登ると立派な本堂(Fig. 2)とユニークな石像達が迎えてくれます。特に笑勉(小便)小僧などはあっけらかんとした表情に思わず苦笑。その中に、頭に傘をかぶった赤目の蛙・ぶじかえる(Fig. 1)を見つけました。

本堂@東光院
Fig. 2 本堂@東光院
▼ 赤目は神通力のあかし

 「ぶじかえる」と記された土台の上に乗っており、大きさは高さ・幅・奥行きともに50 cm程度。目が赤く塗られているのは、「神通力を得て、人の運勢が48通りに見え、悪い事があれば全てを良い方にかえる」ためだそうです。

 東京駅から総武線快速電車に乗り、約40分程と交通至便な場所にありながら、緑豊かな鎌取を訪れてみていはいかがでしょうか。縁起のよい「ぶじかえる」に会うのもお忘れなく。

東光院 千葉市緑区平山町278、043-228-0894


inserted by FC2 system