イズノスケ@原木

 2016年2月上旬に、静岡県伊豆の国市を訪れました。国道136号線を自転車で走行中に見つけた蛙を紹介します。

イズノスケ@交通標語
Fig. 1 イズノスケ@交通標語

▼ シンプルで可愛らしいデザイン

 イズノスケは、2000年に伊豆新世紀創造祭・チェンジ伊豆2000で生まれたキャラクター。シンプルなデザインでニッコリと笑う表情が可愛らしく、伊豆地方を中心に土産品が多数販売されていました。

 国道136号線を伊豆長岡駅方面から三島駅方面に進むと、原木駅の近くにあるスピーカー塔(Fig. 2)に貼付されている交通標語の看板にイズノスケ(Fig. 1)が画かれていました。その輪郭は、お湯から湯気が立っている様をデザインした温泉のマークに似ています。

スピーカー塔@原木
Fig. 2 スピーカー塔@原木
▼ 伊豆の盛り上げ役として活躍

 標語は、交通安全無事カエル。「帰る」と「蛙」をかけたいわばダジャレです。

 2001年のイベント終了に伴い、一旦は静岡県がキャラクターの使用禁止を通達したものの、地元の意向を汲み、法に反しない範囲で使用が認められたイズノスケ。これからも伊豆の盛り上げ役として活躍して欲しいものです。

 スピーカー塔の向かいには、地名である原木(ばらき)の元になったと言われる荒木神社(Fig. 3)があり、広くて静かな境内に立派な龍の彫刻(Fig. 4)をあしらった社と歴史を感じさせる狛犬がありました。温泉と歴史の里、伊豆の国市を訪れた際に目を留めてみてはいかがでしょうか。

荒木神社
龍の彫刻@荒木神社
Fig. 3 荒木神社
Fig. 4 龍の彫刻@荒木神社

荒木神社 静岡県伊豆の国市原木90-1


inserted by FC2 system