蛙の広告@東向島

 2016年1月下旬に東京都墨田区を訪れました。東向島駅のホームで見つけた蛙の広告を紹介します。

蛙広告@大明商事(現ハピラ)
Fig. 1 蛙広告@大明商事(現ハピラ)

▼ 包装、梱包用具の販売

 錦糸町駅から東京メトロ半蔵門線に乗り、曳舟駅で下車。向かいのホームに到着した東武伊勢崎線に乗り換えます。

 東武博物館を訪れるため、高架上のホームに降りると大明商事株式会社の広告に蛙が画かれているのを見つけました。墨田区に本社を構える包装、梱包用具や文具用品の販売会社です。

 2016年に株式会社スガタと合併し、社名を株式会社ハピラに変更したそう。ダイトス(DAITOS)と書かれた通称の中に立ち、左手を腰にあて右手をつき出したポーズを取っています。

B1形5号@東武博物館
Fig. 2 B1形5号@東武博物館
▼ 下町感あふれる商店街を歩く

 縦長の目でギョロリとホームの乗客を見渡し、白いお腹には×印のおへそが付いていました。蛙に見送られ改札を出ると、線路沿いにスーパーや飲食店が軒を連ねる下町感あふれる商店街が続いています。

 約50 mで東武博物館に到着。高架下の細長いスペースを使い、特急用車両や蒸気機関車、電気機関車の実物が展示されています。

 観光に通勤に幅広く活躍する東武電車を紹介する模型ジオラマや運転シュミレータ、ホームに停車する車両を下から眺められるウォッチングプロムナードが印象に残りました。

5700形5701号@東武博物館
ED5010形5015号@東武博物館
Fig. 3 5700形5701号@東武博物館
Fig. 4 ED5010形5015号@東武博物館

東向島駅 墨田区東向島4-29-7
東武博物館 墨田区東向島4-28-16


inserted by FC2 system