蓮田駅ホームの石蛙

 2013年7月下旬に、東北本線(宇都宮線)に乗り上野から小山に向かいました。途中、埼玉県にある蓮田駅のホームで大谷石でできた石蛙を見つけました。

蓮田駅駅名表示板
Fig. 1 蓮田駅駅名表示板
▼ 快速で東北本線を北上

 人身事故のため上野駅を若干遅れて出発した快速ラビットは、尾久駅や日暮里駅などの途中駅を飛ばし快調に進みます。

 左手にコンサート会場として知られるさいたまスーパーアリーナを見ながらさいたま新都心駅を通過すると、間もなくターミナル駅である大宮駅に到着です。

 ここで新潟方面に向かう信越本線と袂を分かち、さらに北へ進路を取ります。次の快速停車駅が蓮田駅です。

 東京方面に通勤する会社員のベッドタウンとして発展しています。市名の表記は2010年に「1点しんにょう」の蓮に変更されましたが、駅の表記(Fig. 1)は「2点しんにょう」のままです。

大谷石の蛙@ホーム
Fig. 2 大谷石の蛙@ホーム
▼ 停車中のホームで発見

 蓮田駅に停車している時に、1番線ホーム前方を見ると金属製の台の上に石蛙(Fig. 2)がいるのを見つけました。大きさは高さ、幅、奥行き共に30 cm程度です。

 沿線にある宇都宮駅から程近い大谷の名産、大谷石で造られていました。この石で作られた蛙の置き物はお土産として有名です。

 目が大きく、イボなども忠実に表現されておりまるで生きている蛙の様です。東北本線に乗車の際は、ぜひ車窓から眺めてみてはいかがでしょうか。


inserted by FC2 system