函館八幡宮のエゾヒキガエル

 2011年3月下旬に小雪が散らつく中、北海道函館市を訪れました。

函館八幡宮
Fig. 1 函館八幡宮

 函館山の夜景や、五稜郭ベイエリアなど定番の観光スポットも回りましたが、午後から函館のみに生息するといわれるエゾヒキガエルの繁殖池がある函館八幡宮を訪ねました。

 市電5系統(湯の川~谷地頭)谷地頭行きに乗り、終点の谷地頭電停で下車。西部環状線道路をすぐに右折し、歩く事8分程で到着です。

 大きな2つの鳥居(Fig. 1)をくぐり、80段程の石段を登り本殿へ向かいます。目的の池は本殿の右手にありました。勾玉の池と呼ばれ、説明板も立っています。池の中央には子蛙を背負う親蛙の石像が置かれていますが、木々が茂り残念ながら全貌を見る事ができませんでした。

賽銭カエル
Fig. 2 蛙石像@ロータリーの池
 さらに境内を進み神社の方にお話を伺うと、本殿の左脇にある鶴若稲荷社の奥にも繁殖地があるとの事。

 こちらの蛙石像(Fig. 2)は、はっきりと見る事ができました。エゾヒキガエル保護のため、函館ロータリークラブが作ったので、ロータリーの池と呼ばれているようです。

 函館を訪れた際は、ぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。近くにある市営谷地頭温泉も合わせて訪問されることをお薦めします。

函館八幡宮 函館市谷地頭町2-5、0138-22-3636

【函館グルメ】
居酒屋ココ大門店
函館市松風町4-4、0138-27-0006
 松風町電停徒歩5分。格安価格で海鮮食材が食べられます。食器類がプラスチック製なのはご愛嬌。カニクリームコロッケ(480円)、ほっけのつみれ鍋(550円)がオススメ。


inserted by FC2 system