カエルくん@JR九州

 2016年6月下旬に福岡県を訪れ、福岡市と北九州市を往復しました。駅のホームで見つけたICカードSUGOCAのキャラクター、カエルくんを紹介します。

石蛙@河伯洞
Fig. 1 パネル@博多駅

▼ 1枚3役のカード

 福岡名物の棒ラーメンのようにひねりがないストレートな名前のカエルくん。クリっとした目とニッコリと笑う口が素敵です。

 北九州市のスペースワールド駅からJR鹿児島本線に乗り約60分で福岡市の博多駅に到着。ホームに設置されたパネルに、福岡銀行のキャラクターユーモと共に電車から身を乗り出して手を振るカエルくんを見つけました。

 ユーモとカエルくんが宣伝しているarecoreSUGOCAは、キャッシュカードにクレジットと電子マネーの機能を追加した1枚3役のカードです。続いて、博多駅からJR鹿児島本線とJR若松線を乗り継ぎ、約80分で北九州市の若松駅に到着します。

中表紙@首を売る店
Fig. 2 ポスター@若松駅
▼ イロイロツカエルとアピール

 ホームに貼られたポスターにピンク色のパネルを持ち、イロイロツカエルとアピールするカエルくんを見つけました。パネルにはSUGOCAを使用する9つの場面が紹介され、おとうさんやガールフレンドのカエルちゃんが画かれていました。

 JR若松線は、筑豊地方から若松港に石炭を運ぶために造られたJR筑豊本線の一部です。炭坑節の舞台、三池炭坑から若松湊まで石炭を貨車にのせ、船で全国各地や海外に運ばれました。

 戦後、主要な燃料が石炭から石油に代わる中で鉄道もその役割を変え、桂川駅と折尾駅の間は電化され通勤、通学客で賑わいを見せています。一方、折駅尾と若松駅の間は未だ電化されずに昔ながらの気動車が走っていますが、まもなく環境にやさしいDENCHAと呼ばれる819系が導入予定です。

 カエルくんを眺めながら、JR線を使って九州を周遊してみてはいかがでしょうか。

813系
てんぷら定食あげな
Fig. 3 813系
Fig. 4 てんぷら定食あげな

博多駅 福岡市博多区博多駅中央街1-1
若松駅 北九州市若松区白山1-18-1


inserted by FC2 system