童々広場の銅像@府中

 2010年4月初旬に東京多摩地区の中心都市・府中市を訪ねました。新宿駅から京王線特急に揺られ、約20分で到着です。

蛙銅像(部分)
Fig. 1 蛙銅像(部分)
 府中駅を降り北口からけやき並木が続く通りを北へ進むと、徒歩10分程で桜通りとの交差点に着きます。左折し5分程でスポットパーク「童童広場」に到着。

 奈良の観光マスコット「せんとくん」の作者、薮内佐斗司(やぶうち・さとし)の作品が多数置かれています。大人びた顔に幼児体型の体つきがミスマッチな童子像や蓮の花に混じって、蛙の銅像(Fig. 1)もありました。

 全長30cm程度で写実的なデザインですが、実物よりふっくらしている印象。ヒキガエルとトノサマガエルの特徴を合わせた感じです。

蛙銅像(全体)
Fig. 2 蛙銅像(全体)
 さらに興味深いのは、蛙が歩く様子を連続的に表現しているところ(Fig. 2)。蛙の飛び跳ねる瞬間を表した愛知県春日井市のフォリー「柳と蛙」に似ています。

 ごみ置き場の壁に登っている姿(Fig. 1)は道行く人の笑いを誘います。また、桜通りの名の通り左右には桜並木が数100m続いています。

 桜の開花時期に合わせて、「童童広場」を訪ねてみてはいかがでしょうか?

童々広場 府中市寿町1丁目

【府中グルメ】
1. とくとうせき 府中市宮西町2-11-11岩本ビル2F、042-369-3142。
 不定休。隠れ家風和食居酒屋。カウンターのレザーソファはまさに特等席です。料理はボリュームたっぷりで美味。
2. いつみや 府中市本町1-7-2、042-336-2669。
 火曜・第一第三水曜休。醤油ラーメンは、煮干だしが効いた優しい味わい。価格もラーメン(550円)、煮卵(70円)と、懐に優しいです。


inserted by FC2 system